WS情報(はじめてのヨーガ哲学・伊藤雅之先生)

2015.10.05 /

「はじめてのヨーガ哲学」6つの講座(伊藤雅之先生)

日 時:11月21日(土)12:30〜14:00
講座1:ヨーガと非暴力
   「ヨーガ・スートラ」のなかで最も重要な内容の1つに八支則(アシュタンガ)セクションがあります。
    このクラスでは八支則の前半、とくに私たちが日常生活で守るべき「非暴力(不殺生)」は
    どのように実践すればよいかについて、現代日本の安全法制を例としながら
    ダライラマ・ティクナットハン・ガンジーらの態度を手がかりにして考えます。

日 時:11月21日(土) 14:30〜16:00
講座2:ヨーガの心理学
    ヨーガは私たちの心のはたらきを止めることをめざす「魂の心理学」と呼ばれています。
    ヨーギにとって最重要文献である『ヨーガ・スートラ』に書かれている、心とは何でしょうか。
    なぜ私たちは心のはたらきを止める必要があるのでしょうか。これらの問いについて
    ヨーガ理論の基礎となる「サーンキャ哲学」を用いながらわかりやすく解説します。

日 時:11月21日(土) 16:30〜18:00
講座3:ヨーガスートラの実践技法(その1)
   「ヨーガ・スートラ」は難解な書として知られていますが、そのなかには具体的な瞑想テクニックも
    示されています。特に大切だと思われる「オーム」のマントラと「慈悲の瞑想」を取り上げ
    その意味と効果について理解します。

日 時:11月22日(日) 10:30〜12:00
講座4:ヨーガスートラの実践技法(その2)
   「ヨーガ・スートラ」に記載されている実践技法のうち「オーム」のマントラと
   「慈悲の瞑想」を取り上げました。引き続き、その理論的背景を理解しながら具体的な実践を試みます。

日 時:11月22日(日) 13:00〜14:30
講座5:ヨーガと瞑想(その1)
    瞑想とは何でしょうか。何のためにするのでしょうか。八支則(アシュタンガ)
    セクション後半にある、制感・集中・瞑想・三昧(サマーディ)についての関係を理解します。

日 時:11月22日(日) 15:00〜16:30
講座6:ヨーガと瞑想(その2)
    八支則の後半の内容を説明しましたが、ヨーガのアーサナを「動く瞑想」にするためには何が必要か。
    アーサナとは別に瞑想をどのようにすれば良いのかを実践しながら学びます。

講 師:伊藤雅之(イトウ マサユキ)氏

参加費:単発講座受講:4,000円(雲水会員、chamaTT受講生は3,000円)
    どちらか1日3講座受講:10,000円(雲水会員、chamaTT受講生は7,000円)
    両日全6講座受講:18,000円(雲水会員、chamaTT受講生は12,000円)

ページの先頭へ